めぐみ保育園

お知らせ:めぐみだより

保育園説明会のお知らせ

保育園説明会について
現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、保育室の見学はご遠慮いただいていますが、保育園の説明については下記の日程で行ないます。
事前にご希望の日、時間を保育園までご連絡下さい。
9月15日(水)10:00~11:30
9月16日(木)10:00~11:30
9月22日(水)10:00~11:30
*尚感染症対策として各日、時間をずらして数人ずつ行います。多数の場合は調整させて頂く場合があります。
 当日はマスク着用、入室前の検温、体調についてのアンケート、手指の消毒等の感染症対策にご協力お願いします。
 ご本人、又はご家族の体調がすぐれない場合はご遠慮下さい。
*当日のキャンセルは事前にご連絡下さい。

連絡先 TEL 06-6553-4025  めぐみ保育園  *「保育園説明会の予約」とお伝え下さい。



《 多様性と調和?!》9月のめぐみだより

緊急事態宣言発令中!

《 多様性と調和?!》
 緊急事態宣言が続く中、子どもたちへの感染も広がっており不安な日々が続きます。園でも保育士のワクチン優先接種を受け順次接種を進めており、安心して子どもたちを迎えることができるよう努力してまいります。引き続き保護者の皆さまも家庭内での健康管理や感染予防にご協力頂き集団での生活を維持できますようご協力お願いいたします。
8月は東京オリンピックが始まり、選手の皆さんの頑張りに心が熱くなりました。口々に「皆さんに支えてもらい参加でき・感謝・。」とコメントされ本当に辛い時間を乗り越えて来られたと感じます。若き十代の活躍も将来を開けてくれる予感がありうれしいことです。
「多様性と調和」と謳われたオリンピックですが、いろんな課題を抱えていることを改めて感じさせられました。世界の場で「私はずっとただ"私自身"でいたかっただけなんです」とウエイトリフティングの選手がトランスジェンダーの自分を「他の人とは何も変わらないことを理解してもらえる世界になることを願っています」と話していました。ゲイを公表した男子シンクロ高飛び込みの選手が金メダルのあとやっと「自分が誇らしい」と感じることができたと。改めてどんな社会を選ぶのか、日本ではまだまだ性的マイノリティーへの理解が低いと感じます。
保育の場でも性差で区別することなく、「男らしく」「女らしく」も遊びも生活の場でも無いはずですが、しかしその中で悩む子は現実にいると思います。ピンクの服を着るのは女の子とか、髪型による見られ方、スカートでなくズボンをはきたい等。気持ちの在り方は多様であり「自分が自分である」ことをみんな模索しています。でも周りの意識がそれを留めてしまうことになる場合があることを、理解しておかねばと思います。

《モンスターはどこに!》8月のめぐみだより

「緊急事態宣言」発令中

《モンスターはどこに!》
35度を超える暑さが続く本格的な夏を迎え、子どもたちは「今日はお外出てもいい?」と聞きに来ます。園庭で遊びたいけれど、熱中症指数により「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」「ほぼ安全」とあり、「危険」では運動はできません。「厳重警戒」で激しい運動はひかえよう、「警戒」で積極的に休憩しようと示されています。よってプールの日でも入れないこともあります。この近年はほんとうに異常気象とすら思える状態で、地球の温暖化による気候変動が子どもたちの生活にも多くの影響を及ぼしている現状です。温室効果ガスと言われる二酸化炭素、メタン等が及ぼす影響が生活の便利さと相まって、自然災害をともなって生活にあらわれています。子どもたちの未来の社会はどうなるのでしょう。 

《私たちの大切な資源・自然を知りたい!》7月のめぐみだより

《私たちの大切な資源・自然を知りたい!》
 暑さで少し体調を崩すお友だちが多くいました。昨年は無かったRSウイルス感染症も幼児クラスでも見られました。天候もまだまだ不安定な時期、体調管理に気を付けたいです。

6月子どもたちと見つけたアゲハの卵たちは、子どもたちの観察箱の中から見事なちょうちょとなって、大空へ飛び立っていきました。アゲハを見かけると「もどってきたんかな?」とうれしそうです。
幼児クラスのミニ遠足でも千島公園のあじさい、カタツムリと季節の変化を感じ取りながら日々生活をしています。
これからは暑い夏が始まり、7月は水遊びやプール遊びが子どもたちを楽しませてくれます。冬は水が凍るのを実験し雪や雪遊びにも出かけます。体験の中から導き出す答えを子どもたちは信じます。体験をつなぎながら自然を知り、世界のしくみを知っていきます。

《「根拠のない自信」をしっかり育てる》6月めぐみだより

《「根拠のない自信」をしっかり育てる》
我慢が続く緊急事態期間が再び20日まで延長となりました。早々と梅雨入りの予報もあり、
もう少し初夏を楽しみたいのに残念ですが、コロナの自粛には良いのかもしれません。懇談会や
行事も中止せざるを得ない状況です。子どもたちの日々の活動を見て頂く機会を、できれば簡単な動画にアップして見て頂けるよう計画しています。ネットでの配信は保護者の皆さまのご理解が必要です。他への流出等がおこると大変ですので家庭内での楽しみにしていただければと願っています。ご理解ご協力をお願いいたします。