めぐみ保育園

クラスだより

9月たんぽぽだより

今月は交通をテーマに過ごしてきました。バスごっこをしたり、職業と車合わせのカードをしたり、道路標識についても考え、話をした後に散歩に行くと「さっき見たのあった」「やじるしは何?」と言ったり、標識当てっごっこをして興味をもっていた子どもたちでした。交通ルールやマナー、いろんな働く車を知ってもらえたように思います。
横断禁止や通学路の標識も発見‼登降園の時にでも子どもたちと探してみてくださいね。
消防士さん→消防車→消火栓と仕事と標識のつながりを話をして散歩に行くと「ここにあったよ」と教えてくれみんなでみてました。
7月、8月と暑い日が続きプールあそびがたくさんできて子ども達はとても喜んでいました。子ども達が一番好きだったのはビート板、3,4,5歳と一緒に入る中で5歳の子が3歳の子にビート板をゆずってあげる姿が見られたり輪あそびをすると手をつないでいたりしました。3歳4歳の子は顔つけを今年度は頑張りました。7月に「顔つけ
怖い」と言っていた子も8月には「お家で練習してきた」と鼻までつけれるようになったりしてました。5歳の子は顔をつけて、けのび(手、足を伸ばして浮く)ができるようになってきて「先生見て」と何度もしてました。

7月たんぽぽだより

今月は「季節(春~梅雨~夏)」をテーマに雨雨がたくさん長く続く季節のことや春に着ていたものとこれから向かう夏晴にいるものなどをみんなで考えました。カードを使って雨の時に何を使うか?晴れて暑くなったら何を着るか?麦わら帽子やジャンバーを使って衣替えの話をしたり、梅雨大雨はなぜいるのかを話をして今、植えている茄子やきゅうりなどの植物に必要なことを知ってもらいたいと思いました。
梅雨の時期に咲くアジサイを折り紙で折りました。三角をしっかり折る、自分で最後まで折る等、年齢に合わせての課題があり3歳児の子は三角の山と山の所を合わせて慎重に折っていたり、5歳児は自分で最後まできれいに折って出来上がると嬉しそうでした。
6月18日におきた地震、「凄い揺れて怖かった」と言う子もいて地震の怖さがわかって「揺れたらここにかくれるねんやろ」と地震の時どうして避難すればいいのか意識できるようになってきてました。防災頭巾も「一人で被れるよ」と被ってました。6月25日に阿倍野防災センターに行ってさらに地震の怖さと自分で身を守ることの大切さも学び、実感できました。