めぐみ保育園

クラスだより

ひまわりホーム5月号

さわやかな、春の陽ざしを感じる中、新年度がスタートしました。新入園児、在園児が安心して過ごしていけるように一人ひとりの気持ちを大切にかかわってきました。新入園児は環境の変化でお家の人と離れる時、泣き崩れることもありました。また、車や木製滑り台、ひき箱を引っ張ったり体を動かして遊んだり、布カバンを手にさげて歩きお友達と同じことして「たのしい~うれしい」表情で遊んでいます。探索活動は活発でいろいろなものに興味を持ってかかわろうとしています。少し慣れてくると、いろいろ遊びを見つけてボールやヒコーキの滑り台、カラーバケツの中にボールを入れたり、バケツの上を登って足元を確かめながらゆっくり歩いたり、プランターの野菜を見たりしてたくさん活動して遊んでいる子どもたちでした。お部屋では、お人形のお世話遊びや、手、指を使う遊びをたくさん楽しみブーマリングが繋げられるようになると「できた~」と喜び、タッパー容器にチェンリングを入れたり出したりしてあそんでいました。園庭の中を保育士と手を繋いで一緒に散策すると「お母さんは~ぐわんたべたらくる(ごはんのこと~)」~“すぐ迎えに来るからね”と、言ってあげて不安な思いを子どもの気持ちに寄り添ってあげると安心していました。

ちゅーりっぷ・ひまわりホームだより 4月号

 暖かな日差しの下、色とりどりの花を咲かせる季節となりました。入園・進級おめでとうございます。
今年度は、一人ひとりの子どもの発達に合った生活(食事、排泄、睡眠など)や一人ひとりの
子どものあそびをしっかりと保障し、子どもたちが無理なく過ごせるようにという思いから、0・1歳児を合同クラスとし、
2つのホーム(🌷ちゅーりっぷホーム・🌻ひまわりホーム)としてスタートすることとなりました。